モグワンとこのこのごはんを5つの項目で徹底比較!おすすめのフードはどっち?

ドッグフード一覧

「モグワンとこのこのごはんでどちらを買おうか迷っている…」

このような悩みを抱えていないでしょうか。

モグワンとこのこのごはんは、どちらもSNSでの口コミが多く評判も良いドッグフードです。

この記事では人気のドッグフードである「モグワン」と「このこのごはん」を以下の5つの項目で比較してみました。

  • コスパ
  • 原材料
  • 成分、栄養価
  • 対象犬種や年齢ごとの選択肢
  • 食いつきなどの評判

最後まで読んでいただくことで、両方の良し悪しを比較できるだけでなく、それぞれのドッグフードのおすすめポイントも理解できるようになりますよ。

これからモグワンとこのこのごはんを比較していて、どちらを買おうか迷っている方の参考になれば幸いです。

「モグワン」と「このこのごはん」を5つの項目で比較しました!

1.コスパで比較 1袋の料金や1日あたりの金額などで比較しました。
2.原材料で比較 原材料にどのような素材を使用しているかを比較しました。
3.成分、栄養価で比較 成分の良し悪しや栄養価について比較しました。
4.年齢や犬種などの選択肢で比較 年齢や犬種、味などの選択肢の多さで比較しました。
5.食いつきなどの評判で比較 食いつきに対する評判で比較しました。

上記の5つの項目で、モグワンとこのこのごはんを比較してみました。

モグワンもこのこのごはんは、SNSを中心に好意的な口コミが多いドッグフードです。それだけに、どちらが愛犬におすすめなのか、判断ができずにいる方も多いことでしょう。

ドッグフードを選ぶ際に重要視すべき5つの項目で比較したので、愛犬にはどちらが向いているのか比較してみてください!

※知りたい項目からチェックできるようにクリックして飛べるようになっています。

「モグワン」と「このこのごはん」をコスパで比較!

※税込み価格 モグワン このこのごはん
通常価格 4,708円 3,850円
内容量 1.8kg 1kg
1日あたりの金額 225円 473円

※体重6㎏の子に与える(メーカー推奨量にて計算)

コスパが良いのはモグワンです。

今回は、「成犬、6kg」の飼い犬に与える場合を想定して、1日あたりの給与量を算出しています。

それぞれ、1袋の単品購入価格で算出していますが、それぞれ定期購入を利用することで、上記の表よりも安く利用できますよ。

「モグワン」と「このこのごはん」を原材料で比較!

モグワン このこのごはん
主な原材料 チキン&サーモン56.5%(放し飼いチキン生肉 21%、生サーモン 12%、乾燥チキン 12%、乾燥サーモン 7.5%、チキングレイビー 2%、サーモンオイル 2%) 鶏肉(ささみ、レバー)、鹿肉、まぐろ
その他原材料 サツマイモ、エンドウ豆、レンズ豆、ひよこ豆、ビール酵母、アルファルファ、ココナッツオイル、バナナ、リンゴ、海藻、クランベリー、カボチャ、カモミール、マリーゴールド、セイヨウタンポポ、トマト、ショウガ、アスパラガス、パパイヤ、グルコサミン、メチルスルフォニルメタン( MSM)、コンドロイチン、ミネラル類(亜鉛、鉄、マンガン、ヨウ素)、ビタミン類 A、 D3、E)、乳酸菌 玄米、大麦、ビール酵母、鰹節、米油、乾燥卵黄、青パパイヤ末、モリンガ、さつまいも、わかめ、昆布、乳酸菌、セレン酵母、L-トレオニン、ミネラル類(牛骨未焼成カルシウム、卵穀未焼成カルシウム、塩化ナトリウム、塩化カリウム、グルコン酸亜鉛、ピロリん酸第二鉄、グルコン酸銅)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンB2、ビタミンB12、バントテン酸カルシウム)
香料・着色料 なし なし
特徴 ・動物性タンパク50%以上
・グレインフリー
・ヒューマングレード
・オイルコーティングなし
・小麦グレインフリー
・ヒューマングレード

結論から言うと、モグワンもこのこのごはんも原材料に関しては明確に開示されており、良質な食材を使用しています

また、どちらも人間が食べることのできるヒューマングレード素材を使用しており、品質に関しては問題ありません

違いあるとすれば「グレインフリー」に対する考え方です。

  • モグワン:犬が消化しづらいとされる穀物を一切使用しない
  • このこのごはん:人との生活で雑食化が進み問題ないと捉え、健康に良い雑穀は取り入れる

グレインフリーに関する解釈は、意見が分かれる所です。

このこのごはんは、グレインフリーではありませんが、アレルギーの原因となりやすい「小麦」や「トウモロコシ」は不使用です。

そのため、アレルギーのリスクが高まる原料は使用せずに、飼い犬にとって良いとされている食材を使用しているということなのでしょう。

犬には好みがあり、どちらも一般的に悪影響を及ぼす食材は含まれていないため、原材料に関しては優劣がつかないと判断しました。

「モグワン」と「このこのごはん」を成分、栄養価で比較!

モグワン このこのごはん
タンパク質 27%以上 21.3%以上
脂質 10%以上 8.2%以上
粗繊維 4.75%以下 0.9%以下
灰分 9.5%以下 6.7%以下
水分 9%以下 10%以下
NFE 38.5% 記載なし
オメガ3脂肪酸 1% 記載なし
オメガ6脂肪酸 1.8% 記載なし
リン 1% 1.06%
カルシウム 1.4% 1.29%
エネルギー(100gあたり) 361.5kcal 343kcal

成分と栄養価に関しては、どちらも数値に問題はありません

今回はモグワンで公表されている項目に沿って表を作成しているため、このこのごはんでは一部開示されていない項目がありますが、法律上問題ありません。

開示が必要な成分は、以下の5つとなります。

  • タンパク質
  • 脂質
  • 粗繊維
  • 灰分
  • 水分

この5項目を中心に比較した場合、数値に差があるのは「タンパク質」と「粗繊維」です。

タンパク質は、犬の体の50%を占めているとされており、体を作るのに重要な要素です。

ドッグフードの栄養基準を策定しているAAFCO(米国飼料検査官協会)によると、犬にとって必要な目安のタンパク質は以下の通りです。

  • 子犬:22.5%以上
  • 成犬:18%以上

モグワンは目安の数値を上回りますが、このこのごはんは子犬の場合やや低い数値と言えるかもしれません。

粗繊維は炭水化物に含まれる食物繊維のうち、水に溶けない不溶性食物繊維を指しており、一般的には4%以上だと過剰とされています。

このこのごはんは0.9%以下ですが、モグワンは4.75%以下とやや高い数値です。

優劣がつきにくい状況ですが、しっかりタンパク質を摂りたければモグワン、カロリーを中心に過剰摂取を避けたい場合はこのこのごはんを選ぶと良さそうです。

「モグワン」と「このこのごはん」を年齢や犬種などの選択肢で比較!

モグワン このこのごはん
年齢 全年齢対応 全年齢対応
犬種 全犬種対応 全犬種対応
フードの種類 1種類 1種類
補足 特になし 小型犬向け

モグワン・このこのごはんともに、全年齢・全犬種対応のドッグフードであるため、基本的に優劣はつきません。

味や成分の違いなどによる、複数種類のフードの販売もありません。

ただ、公式サイトを見るとこのこのごはんは「小型犬向け」である旨、記載されています。

-小型犬の健康維持をサポートする総合栄養食ドッグフード-

小型犬の健康維持にアプローチしてくれる食材を配合しています。
人も食べる事ができる安全安心なドッグフードです。 子犬からシニア犬まで与えることができます。引用元:コノコトトモニ(このこのごはん公式サイト)

具体的には、以下が小型犬向けのポイントとして考えられます。

  • 小型犬でも食べやすい大きさに設計
  • ドロドロ涙やニオイ、毛並みなどにアプローチ

そのため、どちらのフードも選択肢という点で差はありませんが、小型犬を飼っている方はこのこのごはんから試しても良いのかもしれませんね。

「モグワン」と「このこのごはん」を食いつきなどの評判で比較!

モグワン このこのごはん
Amazon評価 3.8(902件) 3.9(549件)
SNS評価
口コミの傾向 好意的な意見が多いが、一部気になる口コミも散見 全体的に好意的意見が多い

大きな差はありませんが、ややこのこのごはんの方が優勢でしょうか。

評価に大きな差はありませんが、Amazon内の口コミの数はモグワンの方が多いです。

Amazon内の食いつきに関する口コミは、モグワン・このこのごはんともに、良い意見と悪い意見がそれぞれ見られました。

SNS上でも、口コミの数はモグワンの方が多いです。

モグワンを試したところ、食いつきが良くなったという口コミも多数見られます。

ただ、モグワンにおける食いつきに関する口コミは、やや良い意見の方が多い印象であるものの、飼い犬によって差があるようです

一方、このこのごはんも食いつきが良くないという意見が一部あるものの、全体的には好意的な口コミが多く確認できます


そのため、食いつきに関する評判は、このこのごはんの方が優勢であると判断しました。

「モグワン」がおすすめの方はこんな人!

ここまで比較してきた項目をもとに、モグワンがおすすめな人の特徴をまとめました。

  • タンパク質が豊富なフードを与えたい人
  • グレインフリーで高品質なフードを選びたい人
  • 利用者が多いドッグフードを選びたい人

モグワンは、タンパク質が27%と豊富に含まれているフードです。

グレインフリーでもあるため、穀物の使用有無が気になる方にもおすすめできます。

また、累計販売実績が200万個を突破しており、多くの方が利用しています。SNSでも多数の口コミが確認できるため、飼い犬の特徴と照らし合わせながらチェックしてみると良いですよ。

モグワンの公式サイトはこちら

「このこのごはん」がおすすめの方はこんな人!

続いて、このこのごはんがおすすめな人の特徴です。

  • 小型犬を飼っている人
  • 飼い犬の食いつきに悩んでいる人
  • ドッグフードの臭いが気になる人

このこのごはんは、小型犬に特化して開発されています。全犬種対応ではありますが、小型犬を飼っている方には特におすすめです。

モグワンと比較して、カロリーも抑えめであるため、体に優しいものをあげたいと考えている方にも向いています。

また、SNS上では食いつきに関する好意的な口コミが多いため、愛犬の食べる量に悩んでいる方にもおすすめです。

公式サイトに「このこのごはんが届いたらあなた様が香りをお楽しみください」とある通り、ドッグフード特有の臭いが苦手な方にも一度試して頂きたい商品です。

このこのごはんの公式サイトはこちら

「モグワン」と「このこのごはん」の比較まとめ

今回は、SNSでも人気のドッグフードである「モグワン」と「このこのごはん」の違いを5つの項目にわけて、ご紹介してきました。

モグワンとこのこのごはんは、項目別に比較すると基準値を上回ったり、SNS上の評価が高かったりと高品質なドッグフードです。

ただし、人の好みと一緒ですべてのワンちゃんにおいて必ず合うドッグフードはありません。

この記事で紹介した項目と照らし合わせながら、愛犬にどちらが向いているのか比較したうえで、モグワンやこのこのごはんを利用して頂ければと思います。

モグワンとこのこのごはんは、公式サイト経由の購入や定期コースの利用により、この記事で紹介した金額よりも安く利用できます

購入を検討される際は、必ず公式サイトで金額や案内を確認した上での利用をおすすめします!

モグワンの公式サイトはこちら

このこのごはんの公式サイトはこちら

また、モグワンとこのこのごはんは結構比較して検討する方も多いのですが、実は「モグワン」と「カナガン」で比較する人の方が多いです。

詳しくは「モグワンとカナガンを5つの項目で比較!」こちらにまとめましたので気になる方はぜひ読んでみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました